小説・設定置き場:GE系

2050以前の事にばかり力を入れていました(過去形)

海音リョクノ プロフィール

名前:海音 緑野(アマネ リョクノ)

性別:女 年齢:14(2074時点)
生年月日:2060年4月14日
身長:171cm
人種:日本人?
 
好みの下着:紺色の地味なもの
性経験の有無:非処女。恋人の味を知ってから知り合いの男を引っ掛けているらしい
 
身体的に特筆すべき点:P84偏食因子を投与されていた。妹の海音サヤとは違いP73偏食因子は投与されていない
 
容姿:腰の高さまで無造作に伸びている少しくすんだ金髪、三房に分かれていて毛先がバラついた前髪。もみ上げは鎖骨に届く程度。また、頭頂に大きくハネたアホ毛がある。
 
切れ目であり、僅かにだがクマができている。右目は「まるで人ならざる者だと思わせるような金色の目」になっている為、包帯で隠されている。左目の色は透き通った深緑。鼻は決して低いとは言えない。
 
白(右半身)と黒(左半身)に分かれた奇抜な上着(いつも第一ボタンだけ留めている)を愛用しており、その下には濃い緑のインナー(へそ出し)を着ている。ズボンは灰色で、適度にぶかぶかしているものを好む。たまにヘッドホンを首にぶらさげているらしい。
灰色のシューズを好んで履く。
 
胸は「断崖絶壁」と呼ぶのが相応しい。
 
階級:強襲兵曹長、独立遊撃部隊「ネメシス」β所属(副隊長)
部屋:ネメシス区画
所属する支部:極東支部、2074中期入隊
適合率:50.5%
 
性格:無気力、かつ気まぐれ
癖:爪を噛む
信念:「私は面倒が嫌いだ。放置したいがそうする事で更に面倒になるなら私は動くぞ」
 
長所:本当に大変な時はちゃんと助けてくれる
短所:誤射をしても悪びれた様子を見せない
 
知識:ごく一般的な事しか知らない
健康:どちらかと言うと風邪は引かない方
 
趣味:観葉植物を眺める事
特技:飲み物を淹れるのは無駄に上手い
 
好きなもの:和食、苦いもの
嫌いなもの:洋食、極端に甘いもの
 
口調:一人称は私、二人称はお前。無愛想であり、語尾に「だぜ」を付ける事があるが滅多にない
 
家族構成:海音サヤ(妹)、海音ミドリ(神機)
 
神機:第二世代
ペルケ/チャージスピア
フラーゲン/アサルト
インディレッタ/シールド
ブラッドアーツ:グレイヴアーチ(クレセントアーチ)
 
特筆すべき過去の出来事:実験台にされた過去持ち
空き時間の過ごし方:自室で音楽を聴いて過ごすかラウンジでコーヒーを飲んでいる