読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説・設定置き場:GE系

2050以前の事にばかり力を入れていました(過去形)

ツイート+即興ネタ短編まとめ

Case.1

ミズキ「ノワール、これ着てマリスの事パパって呼んでみてくれない?(ゴスロリワンピース出しながら)」

ノワール「なにこれかわいい!」

ミズキ「もっとあるわよ……ウフフ(嬉しい)」

 

ノワール「パパー!(腕がしっ)」

マリス「!!!?!?

……ちょ、ちょっと、ノワール、おい」

ノワール「パパ!」

マリス「やめろォ!!(悶絶)」

 

ミズキ「ロリコンね」

リョクノ「ロリコンだな」

サヤ「ロリコンですね」

 

 

 

Case.2

シル「今何か落ちたか?」

マリシア「隣の部屋です…」

 

シル「おい、なんか臭うな」

マリシア「廊下の人がオナラでもしたんじゃ

ないでしょうか……?」

 

シル「ここだけ色が違うぞ」

マリシア「そうでしょうか…分からない、です」

 

ノワール「ねーねー!シルは壁に張り付いたりできないのー?」

シル「僕を何だと思ってるんだ…」

ノワール「だってトカゲさんの髪飾り付けてるからトカゲさんみたいな事できるのかなって」

シル「できねぇよ!?僕は人間だ!!」

 

 

 

Case.3

シル「クラウディア……分かるか。今の僕達に求められているのは強さ、それと決定打だ」

クラウディア「分かります」

シル「分かるわー!なのか分かってるわ!なのか分かんねぇんだけどォ……ともかく、研究データを纏める為に僕とテメェで任務に行くぞ!!」

クラウディア「もしかして今までロクに外に出てなかったんですか貴方」

シル「言うな」

 

 

 

Case.4

リョクノ「……独立遊撃部隊ネメシスβ、手伝いに来たんだけどめんどくさそうだから帰っていいか?」

キキョウ「ダメです」

 

マリス「独立遊撃部隊ネメシスα。任務遂行の為にヒマラヤ支部に来た。微力ながら支援させてもらおう」

ミズキ「あんたが隊長で良くない?」

 

 

 

Case.5

ミズキ「あんたシャンプー変えた?」

マリス「まあ」

 

リョクノ「シャンプー変えたのか、お前」

マリス「黙れ」

 

ノワール「ふんふんふん……このフレッシュな香りは!マリス、もしかしてシャンプー変えた?」

マリス「ああ、良い物が入ったと言われてな。痒みを引き起こさないか心配だが」

 

リョクノ「解せねえ」

ミズキ「(ノワールゴスロリを……)」

 

 

 

Case.6

ミドリ「今日も暑いぜぇ……」

フブキ(ネコの着ぐるみ)「……(うちわパタパタ)」

ハイト(ウサギの着ぐるみ)「(うちわパタパタ)」

クラウディア「……何をしているんですか、そこの二人は」

ミドリ「え?何って……ハッ!!

おい二人とも!着ぐるみ着てうちわ扇いでも意味ねぇって!!」

クラウディア「貴方も今気付いたんですか」

 

 

 

Case.7

マリス「……ウサギ、という生物を保護した。

外にいるとアラガミに喰われる可能性がある、アナグラで飼うのがベストだと思うのだが(うさぎだっこ)」

 

ミドリ「マリスがうさぎ抱っこしてるとかぁ!!やばい!!やばすぎてぇ……オヘヘフヒャハハハハハハハ!!!」

リョクノ「分かったから黙れ。そして部屋から出ていけ」

 

 

 

Case.8

マリス「相手できなくてすまなかった、……その、詫びといっては何だが…貴様のように菓子を作った、いらないなら捨てろ……(顔真っ赤)」

ノワール「……!ううん、すっごく嬉しいよ!お仕事の時に邪魔してごめんね、ありがとう!!」

 

ミドリ「控えめに言って尊い」

 

 

 

Case.9

マリス「……?今度はネコか。

……ほら、おいで。何、怖がる事はない」

ミドリ「!!?

マリスが!?おいでって!!ギャップ萌え!!」

 

マリス「貴様が大声を出すからネコが逃げたのだが……?」

ミドリ「ごめんごめん本当に悪かった悪かったと思ってるんだ本当だってお願い離して」

 

リョクノ「ミドリがマリスに胸倉を掴まれてたんだが、アイツ何かしたのか」

サヤ「さあ……?」

 

 

 

Case.10

シル「さあ!荒ぶる神々の血飛沫で聖なる狂奏曲を奏でるぞッ!!」

クラウディア「普通に喋ってください」

シル「僕とテメェで任務に行こう」

 

 

Case.11

シル「ここで僕は考えた。現在新種がわんさか出てきているが……新種のコアから神機作ればもっとウルトラすげぇ神機が作れるんじゃね?」

クラウディア「今更気付いたんですか」

シル「ちょっと」

 

 

Case.12

シオン「ねえ……シグレが音楽聴いてたんだけどさ…」

ミドリ「それがどうかしたのか?」

シオン「色々すごくて……キュオオオオオオオとかドゥンドゥンって感じのハードな音楽だった…」

ミドリ「(GABBAだ……!)」

 

 

追記するかもしれない